商品のご案内
  • ALL PASS

    ₩ 199,000₩ 99,000/年

    · 月 8,250ウォンで全てのクラスを1年間視聴可能

    · 毎月新規クラスを提供

  • SINGLE PASS

    ₩ 50,000/年

    · 1つのクラスを購入後1年間視聴可能

· 期間限定特価であり、後日価格が変更になる場合があります

時代を揺らす 小説の書き方 チョ・ジョンネ

このクラスでは

『アリラン』と『太白山脈』を通じ取材から推敲に至るまで、 小説を書くうえでの全ての過程を学び、小説家としての素養を高めることができます。

All Lessons : 19 | 2:06:58

会員登録後、 最初のレッスン を無料でご視聴ください。

Lesson 1

02:22

イントロ

「作家の精神の勝利」と呼ばれる韓国文学界の大スター趙廷来50年文学の人生をもとに文学志望者にこれから行くべき道を提示する。

「作家の精神の勝利」と呼ばれる韓国文学界の大スター趙廷来50年文学の人生をもとに文学志望者にこれから行くべき道を提示する。

会員登録後、 最初のレッスン を無料でご視聴ください。

Lesson 2

05:59

歴史 大河小説と作家精神

チョ・ジョンネはなぜ歴史大河小説を書こうとしたのか、そして彼が目指す作家精神とは何かについて訊いてみた。

チョ・ジョンネはなぜ歴史大河小説を書こうとしたのか、そして彼が目指す作家精神とは何かについて訊いてみた。

Lesson 3

05:42

小説家の資質

立派な小説家になるためには、才能と努力の二つのうち、どちらが重要であるか。チョ・ジョンネが考える小説家の資質とは何かについて訊いてみた。

立派な小説家になるためには、才能と努力の二つのうち、どちらが重要であるか。チョ・ジョンネが考える小説家の資質とは何かについて訊いてみた。

Lesson 4

06:05

インスピレーションを得る方法

「神の啓示を受けたかのような感覚」という意味を持つ「インスピレーション(霊感)」、芸術家たちはどのようにインスピレーションを得るのか、チョ・ジョンネの経験と考えを訊いてみた。

「神の啓示を受けたかのような感覚」という意味を持つ「インスピレーション(霊感)」、芸術家たちはどのようにインスピレーションを得るのか、チョ・ジョンネの経験と考えを訊いてみた。

Lesson 5

12:21

「アリラン」から学ぶ(1) – 取材の重要性

小説『アリラン』の執筆当時、チョ・ジョンネ作家は取材のために地球三周半以上の距離を駆け回った。彼の経験談を通じ、徹底した現場取材が必要な理由について学ぶ。

小説『アリラン』の執筆当時、チョ・ジョンネ作家は取材のために地球三周半以上の距離を駆け回った。彼の経験談を通じ、徹底した現場取材が必要な理由について学ぶ。

Lesson 6

06:18

「アリラン」から学ぶ(2) – タイトル&背景設定

題名は小説の運命を左右する重要な要素であり、小説の背景は小説の流れを左右する。『アリラン』を例に、タイトルのつけ方と小説の背景を設定する方法について学ぶ。

題名は小説の運命を左右する重要な要素であり、小説の背景は小説の流れを左右する。『アリラン』を例に、タイトルのつけ方と小説の背景を設定する方法について学ぶ。

Lesson 7

12:55

「太白山脈」から学ぶ(1) – 召命意識

『太白山脈』は、チョ・ジョンネの最初の大河小説であり、国民的に愛される代表作であります。しかし 『太白山脈』により、チョ・ジョンネは国家保安法違反の疑いをかけられ、11年間苦難を強いられることになります。過酷な政治的状況の中であっても作品を完成させることができた、作者の並外れた召命意識について訊いてみた。

『太白山脈』は、チョ・ジョンネの最初の大河小説であり、国民的に愛される代表作であります。しかし 『太白山脈』により、チョ・ジョンネは国家保安法違反の疑いをかけられ、11年間苦難を強いられることになります。過酷な政治的状況の中であっても作品を完成させることができた、作者の並外れた召命意識について訊いてみた。

Lesson 8

09:30

「太白山脈」から学ぶ(2) – キャラクターの設定

『太白山脈』の登場人物を例に、躍動感に溢れ個性的なキャラクターを生み出す方法について学ぶ。

『太白山脈』の登場人物を例に、躍動感に溢れ個性的なキャラクターを生み出す方法について学ぶ。

Lesson 9

02:49

視点の設定

視点をどのように設定するかによって人物の躍動感は決定すると、チョ・ジョンネはアドバイスする。一人称からの視点と三人称からの視点、この差が小説にどのような影響を与えるかについてを知る。

視点をどのように設定するかによって人物の躍動感は決定すると、チョ・ジョンネはアドバイスする。一人称からの視点と三人称からの視点、この差が小説にどのような影響を与えるかについてを知る。

Lesson 10

08:30

作家人生に影響を与えた人々

立派な芸術家が一人誕生するためには、個人の力量も重要ではあるが、周辺の環境も持ち合わせていなくてはならない。現在のチョ・ジョンネをつくり出した妻のキム・チョへと、父であるチョ・ジョンヒョンについて訊いてみた。

立派な芸術家が一人誕生するためには、個人の力量も重要ではあるが、周辺の環境も持ち合わせていなくてはならない。現在のチョ・ジョンネをつくり出した妻のキム・チョへと、父であるチョ・ジョンヒョンについて訊いてみた。

Lesson 11

06:58

影響を受けた作品

文学界の巨匠であっても、他人の作品から影響を受ける。チョ・ジョンネに大きな感銘を与えた作品は何か、どのような悟りを開いたのかについて訊いてみた。

文学界の巨匠であっても、他人の作品から影響を受ける。チョ・ジョンネに大きな感銘を与えた作品は何か、どのような悟りを開いたのかについて訊いてみた。

Lesson 12

05:24

「漢江」から学ぶ(1) – 執筆の背景

チョ・ジョンネの近現代史3部作のうち、20~30代から最も愛される小説でもある『漢江』の執筆背景について訊いてみた。

チョ・ジョンネの近現代史3部作のうち、20~30代から最も愛される小説でもある『漢江』の執筆背景について訊いてみた。

Lesson 13

11:24

「漢江」から学ぶ(2) – 最初の一文の重要性

小説は、色とりどりの美しい文章の一つ一つを紡いでつくる「言葉のカーペット」である。特に書き出しの一文は、読者を次の文章、さらにその次へと導く魅力を持ち合わせていなくてはならないことから、作家が最も神経を使う部分であるともいえる。チョ・ジョンネが唱える、個性ある文章の創作法について学ぶ。

小説は、色とりどりの美しい文章の一つ一つを紡いでつくる「言葉のカーペット」である。特に書き出しの一文は、読者を次の文章、さらにその次へと導く魅力を持ち合わせていなくてはならないことから、作家が最も神経を使う部分であるともいえる。チョ・ジョンネが唱える、個性ある文章の創作法について学ぶ。

Lesson 14

08:18

方言の活用

チョ・ジョンネは作品の中で全羅道の訛りを積極的に活用している。訛りを使うことで、どのような効果を生み出すことができるかについて、様々な例を通して学ぶ。

チョ・ジョンネは作品の中で全羅道の訛りを積極的に活用している。訛りを使うことで、どのような効果を生み出すことができるかについて、様々な例を通して学ぶ。

Lesson 15

04:21

文章で感動を与えるということ

作家は文章で読者に感動を与えなければならない。 文学界の巨匠チョ・ジョンネがViBLEで、「感動的な文章を書く秘訣」を伝える。

作家は文章で読者に感動を与えなければならない。 文学界の巨匠チョ・ジョンネがViBLEで、「感動的な文章を書く秘訣」を伝える。

Lesson 16

04:22

16. 推敲

推敲は、完成度の高い文章を書くために欠かすことのできない必須過程である。チョ・ジョンネはどのような方法で推敲を行っているのか、訊いてみた。

推敲は、完成度の高い文章を書くために欠かすことのできない必須過程である。チョ・ジョンネはどのような方法で推敲を行っているのか、訊いてみた。

Lesson 17

05:19

作家が守るべき規律

チョ・ジョンネは、作家が必ず守らなくてはならない規律があるといいます。彼が、文学人生50年の間で実践してきた4つのきまりは何か、芸術家が気をつけなくてはいけない3つの態度は何かについて訊いてみた。

チョ・ジョンネは、作家が必ず守らなくてはならない規律があるといいます。彼が、文学人生50年の間で実践してきた4つのきまりは何か、芸術家が気をつけなくてはいけない3つの態度は何かについて訊いてみた。

Lesson 18

03:16

読者との関係

累計販売部数1,500万部という記録を建てた「国民的作家」にとって、読者とはどんな意味をもつか。

累計販売部数1,500万部という記録を建てた「国民的作家」にとって、読者とはどんな意味をもつか。

Lesson 19

05:05

アウトロ - 志望する人々のためのアドバイス

チョ・ジョンネは、文章を上手く書くための奥義があるといいます。文学を志す人々に、是非知ってもらいたいその秘訣を伝える。

チョ・ジョンネは、文章を上手く書くための奥義があるといいます。文学を志す人々に、是非知ってもらいたいその秘訣を伝える。

こんな方におすすめします

小説や作家の物語りに興味がある読者の方

自身が書いた文章で、人々に感動を与えたいと思っている方

小説家を目指している文学志望者の方

チョ・ジョンネマスターの作家精神を習得したいと思っている方

MASTER STORY

“文学は人間の人間らしい生き方のために人間に寄与しなければならない。”

 

「作家精神の勝利」と呼ばれるほど、自分の人生を文学に完全に捧げてきた小説家の趙廷来(チョジョンネ)。

『太白山脈』、『アリラン』、『漢江』などで韓国近現代史の悲劇を鋭く描き出し、累計販売部数1500万部突破という大記録を樹立した韓国文学界の巨星である。

 

霊感(インスピレーション)とは「数え切れないほど蓄積された思考の瞬間的な発火」と語る彼は、

自ら執筆期間を「恍惚な文の監獄」と比喩し、一日も欠かさず書き込んだ。

生まれつきの才能よりは地道な努力の重要性を強調するチョジョンネ。

 

50年の文学人生を振り返り、彼の代表作である近現代史3部作を例に、

小説の着想から取材、人物設定、文章作法、推敲に至る過程について学んでみる。

また、作品のビハインドストーリーを聞いて、彼が考える作家精神、小説家の資質、備えるべき態度など、チョジョンネの文学世界を盛り込んでいる。

 

小説家を夢見る志望生たち

文学を愛する読者たち

自分の社会に興味のある全ての人に

 

ViBLEは小説家のチョジョンネの文芸創作論を学べる最高の「バイブル」になるだろう。

Q & A

Q. マスターが考える、作家精神とは何ですか?

作家精神とはどうあるべきかについて、かつて世界文化史家たちが定義したことがあります。作家とは、真実のみを語るべき存在であり、どのような時代や状況下であったとしても、全ての非人道的な事柄に対して抵抗しなければならない、と言いました。この言葉は、非人道的な矛盾に対して抵抗せよという意味であることから、当然のこと、作家とは進歩的な存在でなくてはならないのです。

Q. 小説家になりたいと思ってはいるが、才能がなく躊躇している方々にかける言葉があるとしたら?

芸術だけでなく、全ての分野に天才が存在します。天才の共通点は一つだけです。一つのことを根気よく飽きもせず一生に渡って続けることで一つの大きな実を結ぶことができる人こそが、天才と呼ばれるのです。したがって天才とは、生まれるのではなく作られるのです。誰によって作られるのかと言えば、それは天才と呼ばれる本人をおいて他にいません。

Q. 小説の題材を設定する基準は何ですか?

どのような題材で文章を書くのが効果的であるか、これは作家だけでなく全ての芸術にかかわる問題であると思います。題材・話題・関心事。しかしその中でも重要な基準として、全ての人にかかわる問題、誰もが共感できる問題、全ての人のくらしに通ずる問題、そうしたものを選び、それらがオリジナリティに溢れ、新しく、独創的であり、それでいて大きな感動が描かれていること。それが芸術作業の基本であります。

Q. 作家にとって、読者とはどんな意味を持っていますか?

読者無くして作家は存在しません。領土の無い君主等存在しないように、読者の無い作家は作家であり得ないということを、私は言いたいのです、読者は当然のことながら、良い作品でなければ応えてくれない、とても冷たい存在であるという事実も忘れないでください。自身の作品を通じてどれだけ多くの読者と出会えるか、その数は結局のところ、自分自身の価値を反映しているものであるということを、忘れないでもらいたいと思います。

Recommended Class
キム・イナ

作詞クラス

パク・チャンアム

ホワイトハッカー入門

  • カスタマーセンター

    help@vible.co

    |

    +82) 2-6352-1390 (午前10時~午後6時 | 土・日・祝祭日を除く)