詩と共に時間を過ごす方法、チョン・ヒョンジョン

詩を求めて

"詩なくして意味することも、意味のある目くばせもなく、澄みきった流れもない。世界の事象は花を咲かせない。"

Class Objectives

韓国現代詩を代表する詩人チョン・ヒョンジョン。彼の文学人生を振り返ることで彼の思想を学び、そして彼の代表作品を通し、詩を読み、詩を書くうえで重要な点について学んでみる。

This Class Is For:

+ 詩人になりたい人+ チョン・ヒョンジョン先生の詩の朗読を聴きたい人 + 詩の翻訳が難しいと言われる理由、そして理想的な翻訳をするために念頭に置くべきことについて知りたい人+ チョン・ヒョンジョン先生の代表作品のビハインドストーリーを知りたい人

Questions? Answers

Q. 「詩」の本質とは何だと思いますか?

私の詩論とでも言いましょうか、ですから詩に関する思考のうち中心となることのひとつが軽さに関する内容です。芸術とは、私たちを重みから解放し、地上の重たい荷物から私たちを自由にする、そういう役割を果たすことと思っています。詩が私たちの心を軽くし、飛翔させてくれるということ。それは実際に詩を読みながら経験することができます。私たちの精神に翼をつけてくれるとでも言いましょうか。そのように私たちを空へ飛ばせてくれるのが、いい詩の役割ではないかと思います。

Q. いい作品を生み出す詩人としての才能は生まれもったものなのでしょうか?

私がよくする話の中に幼少時代こそがその人の芸術的才能の源泉だ、という話があります。実際に触ってみて、食べてみてきた、あらゆるもの。触覚と味覚と視覚とその他の五感を通し、自分が受け入れた自然。そういった生きた何かに対する生々しい生命力、こうしたものを自分の中に植え付けたというか、そうしてきたと思っています。ですからいい作品というのは結局、その人が幼少時代に経験したものが土台となり、その時の経験がその人の霊魂の根源となる。その次にそれらを豊かにしてくれる経験。そして勉学。そういったものが合わさっていい詩を作ってくれるのです。(『泉を称える歌』の詩の朗読と共にその意味を味わってみましょう)

Q. 普段からよく朗読する詩があると聞きましたが、どんな詩ですか?

朗読する時によく手に取る詩があります。際立って音楽的でリズミカルな詩があるんです。朗読する時というのは実はその詩の意味よりも、朗読そのものに核心があると言ってもいいでしょう。本質が何かと言うと、意味よりも朗読する人の声、抑揚、リズム、表情、こういったものを見ることこそが実は朗読で重要になってきます。私がよく話す話のうちのひとつに、大したことない作品なのに朗読が上手だととても素敵な作品になり、とても立派な作品なのに朗読が下手だと素敵な作品には見えないということがあります。これが朗読の性質でないかと考えます。(『雷を称える歌』の詩の朗読と共にリズミカルな音律を感じてみましょう)

Q. 先生の詩を読む人に希望する姿勢などはありますか?また読者にこんな話をしたいとか、そういうことはありますか?

それは言えません。全ての詩作品に同じことが言えます。自分のものだけでなく他の人の作品についても同じです。ある作品を超えて広がっていく意味というものが存在するのですから。それはほぼ無限と言えましょう。ところが作者がその意味を決めてしまっては、その無限なものを制限してしまうことになります。ですので、こういうことは言ってはいけません。詩を書いたのに誰も読んでくれなかったら何の意味もありません。読むだけでなくそこから感動を得たり、好きになったり、そういうことが楽しいんです。

All Lessons 10
1. イントロ <挨拶>
2. 詩、魂の強壮剤
Recommended Class
キム・イナ

作詞クラス

パク・チャンアム

ホワイトハッカー入門

  • カスタマーセンター

    help@vible.co

    |

    +82) 2-6352-1390 (午前10時~午後6時 | 土・日・祝祭日を除く)